ブログ

夕陽の見える海沿いのマンションリノベーション 内装デザインのご紹介2

2021/05/24

夕陽の見える海沿いのマンションリノベーション、本日は浴室のご紹介です。

7

通常、マンションでは新築でもリノベーションでもユニットバスを使われることがほとんどですが、こちらの物件では浴室の仕上げにこだわりましたので、お風呂を在来工法にて仕上げました。

在来工法とは、浴室のサイズや空間のレイアウトなどを自由に決められ、こだわりをそのまま反映させることが可能な浴室です。浴槽から水栓、タイルまで、全てを細かく選択する必要があります。一方ユニットバスとは、あらかじめ完成した壁・天井・床・浴槽のパーツを浴室に搬入し、その場で組み立てて造られる浴室のことです。

今回メインに選んだタイルは、イタリアのベネツィアンガラスを使った美すぎるモザイクタイル。天然鉱物で作られているので、まるで宝石のような美しい光を放ちます。

8

イタリアのSICIS(シチス)というブランドのモザイクタイルで、トーヨーキッチンさんから納入していただきました。想像以上の美しい仕上がり。そしてこの絶妙なブルー。本物の輝きですね。

6

浴室の入り口を透明のガラスにし、そのガラス越しに美しいブルーの壁が見えるところがポイントです。マンションの目の前に広がる海のようにも見えます。

このように浴室を在来工法で仕上げることは容易ではありませんが、モザイクタイルは施工性が良いので洗面室やトイレの壁のアクセントに使いやすい素材です。