ブログ

家は職人次第「地鎮祭」地鎮祭レポート

2014/09/11

ご家族にとって、一大イベントとなる夢のマイホーム。

完成見学会に行ってみたり、営業さんと打ち合わせをしたり・・・、
設計さんと打ち合わせをして

家の完成イメージができてくると、次は工事部隊の登場です。
ここまでくると、いよいよ基礎着工です。
そして、夢のマイホームがこれから実現していくんだなぁ・・
という実感が沸いてきます。

この基礎着工前に「これから、ようやく工事が始まりますね。
おめでとうございます!!」ということ
で、地鎮祭を執り行います。

これは、マイホームを建てる最初のお祝いです。
そこで、先日行われた地鎮祭に初参加してきました
私の体験談を交えてお話ししてみたいと思います。

まず、現場に到着すると、にこやかに神主さまとご挨拶。
その後従業員でテントを建てて、
神主さんが祭壇からお供えの準備をしている様をみると、
神聖な空気感に包まれます。

これでスタンバイOKです。






















お供えものは、大体(写真左上より)、鯛・お米・お酒、
(写真左下より)塩と水・野菜・果物の6台が一般的だそうで
(見えづらくてすみません)、本来は供え物の数に決まりはなく、
多くお供えされる方もいらっしゃるとか・・・。

お供え物も、昔は施主さまがご用意するものだったらしいですが、
今はお祓いとお供え物とで、神社さんの方でご用意していただけるところが
多いようです。(今回もご用意していただきました)
さてさて、そこへ本日の主役のご家族が登場されます。
「本日は、おめでとうございます。よろしくお願いいたします。」
とご挨拶をして、いよいよ地鎮祭スタートです。

地鎮祭の流れとしては、

① 修祓の儀(しゅばつのぎ)
会場と参列者をお祓いし、お清めをします。(※添付写真参照)
② 降神(こうじん)
地鎮祭の神様を祭壇にお招きします。
【神主さんが、「オー」っとロングブレスで言います】
(※添付写真参照)

③ 祝詞奏上(のりとそうじょう)
神主さんが地鎮祭の祝詞を奏上(読み上げ)します。
(※添付社員参照)

④ 清祓いの儀(きよはらいのぎ)
敷地の四方をお祓いしてお清めします。
(※添付写真参照)
※今回は、紙垂(シデ)を四方にたてて、
祭壇後ろに土地全体をお祓いをする為にも紙垂をたてました。
神主さんが大きな紙垂でお祓い後、施主さまが四方にたてた紙垂の左→右→中心の順
にお酒とお塩をまきます。

⑤玉串奉奠(たまぐしほうてん)
施主さまを始め、参列者が玉串を奉納して、二礼二拍手一礼の作法で拝礼します。
その際、神主さまから渡された玉串を枝の方を祭壇に
向けます。(※添付写真参照)

⑥昇神(しょうじん)
祭壇にお招きした神様をお送りします。
【神主さんが、「オー」っとロングブレスで言います】
(※添付写真参照)

⑦お神酒拝戴(おみきはいたい
祭壇にお供えしたお神酒をいただたきます。

⑧直会(なおらえ)
地鎮祭終了後、お神酒やお供え物のお下がりをいただきます。

写真はすべて、イメージです。
(写真①修祓の儀~③祝詞奏上・⑥昇神 イメージ)
(写真 ④-1 清祓いの儀:神主さんによる紙垂でのお祓い)※隅に紙垂をたてている。(本来は竹を置くらしい)


(写真 ④-2 清祓いの儀:施主さまによるお酒のお清め)
(写真 ④-3 清祓いの儀:施主さまによるお塩によるお清め)





















(写真 ⑤ 玉串奉奠)
















これで、地鎮祭は終了です。

実際に、地鎮祭をする際は、丁寧に神主さんが手順を教えてくれますので、
ご心配はありません。
このあと、お供えしていた鯛と弊社より奉納させていただいたお酒を
施主さまにはお持ち帰りいただきました。
その際に、神主さんより施主さまへ、お札(おふだ)を渡されます。
これは、次にお祝いする上棟式の時に屋根裏に飾ります。
それまで、施主さまが大切に保管することになります。

いかがでしたか。私の体験談がj地鎮祭をされる際の参考になれば、幸いです。
地鎮祭は、お祝いではありますが、別名「とこしづめのまつり」ともいい、
その土地の神様をお祀りして、これから始まる工事の安全と家の繁栄を
お祈りするものです。
地鎮祭の流れも、古来の順序を踏まえると、たくさんの儀式があるそうですが、
これも、現代では、地域性や個々人の意向、または個人住宅~大規模工事において、
略式~本式まで、さまざまです。

ですので、初穂料(お祓い代)も地鎮祭の規模や地域的なもので異なってきます。
分からないことは、周りの方や営業の担当にお尋ねされるとよいかと思います。

地鎮祭って、本当は家に限ったことではなく、
農業などでも行われる儀式だって、知ってますか。
家の地鎮祭とは少し意味合いがちがいますが、昔から日本には、
さまざまなところに神が宿っていると信仰される国。
日本人らしい信仰文化だなぁと思います。

今は、クールジャパン戦略で、
日本の文化がさまざまな分野で海外から注目されていますよね。
アニメしかり、和食しかり。信仰文化が注目されているのかは、わかりませんが、
こういった儀式に触れるのも、日本文化のひとつになるのかなぁと思ったりします。

マイホームを建てなければ、
なかなか出会わない地鎮祭という神聖な文化に触れてみるのも、
面白いことだと思います。

それに、仏式やキリスト教での地鎮祭もあるんですよ。
海外では、韓国や台湾などでも地鎮祭が存在するとか。
お国や宗教は違がっても、お祝いしたり、お祈りしたりする気持ちは、
万国共通なのですね。