ブログ

家は職人次第「外装を考える」職人の技が光る外装仕上

2014/09/23

建物の顔ともいえる、外装仕上。

雨風や火災から家を守ると共に、
外観のデザインを決める大きな要因にもなっています。

サイディングやALC、タイル等様々な仕上材がありますが、
今回は弊社の商品住宅で多く見られる塗り壁についてお話します。

外壁は部屋の中と外を仕切る壁ですから、当然ながら断熱性、
気密性等を考慮しなければいけません。

見た目は良くても寒かったり、雨漏りがあると良い家とは言えないですね。












参考元:http://www.omega-pj.com/

弊社の塗り壁は構造材と仕上材との間に何層も下地を重ねて、
高い断熱性、気密性、通気性を実現しています。
写真は構造用面材の上に透湿防水シートを重ねている所です。
この上から通気ボードという、凹凸のあるボードを貼っていきます。
室内の湿気を体内に入り込んだ場合、この透湿防水シートから、
通気ボードの凹凸を通じて屋外に排出されます。
次は下塗りの工程です。
ガラス繊維のファイバーグラスメッシュと、ベースコートを重ねていきます。
外壁全体に柔軟性を与え、ヒビが入るのを防ぎます。
この後もう一度ベースコート、
そして耐久性を高めるプライマーの塗布と工程は続いていきます。
最後に、骨材を含んだ仕上材を塗って完成です。
職人さんの丁寧な仕事によって、温かみのある表情に仕上がりました。
コーナーもすっきり。
既製品の仕上材とは違った、その家だけのオンリーワンな外壁。
職人さんの技が光っています。