戸建賃貸経営

土地の有効活用

安定した運用実績

土地を所有されていた方の事例

  土地 建物 投資総額 家賃(1か月) 年間の家賃収入 利回り
賃​貸2棟 0 27,142,500 23,870,000 255,000 3,060,000 12.82%
賃貸4棟 0 65,145,000 65,000,000 604,000 7,248,000 11.15%
賃貸3棟 0 45,150,000 40,000,000 475,000 5,700,000 14.25%
  土地 建物 投資総額 家賃(1か月) 年間の家賃収入 利回り
賃貸2棟 0 18,270,000 18,270,000 200,000 2,400,000 13.14%
賃貸4棟 0 20,200,000 20,200,000 190,000 2,280,000 11.29%
賃貸3棟 5,600,000 18,270,000 23,870,000 164,000 1,968,000 8.24%

他の不動産投資より
戸建賃貸が選ばれる理由

※他の不動産投資 マンション(区分) / マンション(1棟) / アパート

1.価格帯が予算に応じて計画がし易い。


マンションやアパートの建築のように、イニシャルコストが高くなく、
予算に応じて1棟から立てることができフレキシブルな計画を立てることが可能です。

2.土地の形状や広さに柔軟性がある。


戸建の一棟なので25坪という小規模の土地から活用することができ、
また色々なプランをご用意しておりますので様々な土地に対応しやすいです。

3.分割ができるので、売却し易く、
 リスク回避し易い。


集合住宅のように幾つかの世帯が一つに繋がっているわけではないので、1棟ごとの処理をそれぞれで行いやすく、
万が一に備えてのリスク回避も考えやすいです。

4.ファミリー対象物件の供給が少なく、
 ニーズがあります。


まだまだ、賃貸物件はワンルームなど少人数向けの物件が多く、ファミリー対象物件は比較的少ないです。
また戸建となるとさらに供給が少ないので、
ニーズへの十分な供給がなされていないのが現状です。

5.駅近でなくても入居ニーズがあります。


ファミリー対象なので、ワンルームの賃貸者に比べ、車の所有率が高くたとえ駅近じゃなくても入居ニーズがあります。
また、ファミリー層の住所決定の要因は、
勤務地、学校、両親の実家など様々なものが絡んでくるので駅近もその理由に一つにすぎません。

6.共用部分がなく、
 ランニングコストが安くすむ。


戸建は完全に独立しているので、共用部分が全くありません。
つまりそこにかかる費用、管理等がかかってきませんので無駄なコストを省けます。

7.共同住宅で多い音のリスクが少なく、
 音に関するクレームが少ない。


共同住宅では、壁や通路を共有している場合が多いので、音に関するクレームがどうしても多くなってしまいます。
戸建は完全独立なので、音に関するクレーム、リスクが少ないので居住者にも快適な暮らしを提案できます。

なぜ安定した運用が可能なのか?

長期優良住宅

長期優良住宅の認定を受けることが可能です。

長期優良住宅とは、国土交通省が定めた長寿命住宅の認定制度で、耐震性、耐久性、維持管理の容易性、省エネルギー性、快適に暮らすための広さ、街並みとの調和、維持保全管理の整備などが全て整った、安定性の高い住宅で、認定を受けた住宅は、住宅として高い価値を保有します。

ランニングコストが安い

長期優良住宅の認定を受けるほど、住宅の価値として高いcasitaは、当然、気密性・断熱性が高く、夏冬の冷暖房のランニングコストが安く済みます。また基本的な耐震性、耐久性も高いので、維持管理に必要な費用を最低限に抑えることができます。

可変性が高く、リフォームがしやすい

可変性が高い建築工法で、リフォームもしやすく作られてるので、将来のニーズ変化にも様々な形で柔軟に対応できます。

サブリースの対応も可能です。
詳細はお問い合わせください。

詳細情報

page top