リノベーション

住む人の意見や思いを最大限に表現する

これまで、日本では古くなったら新しいものと取り替える、古いものは廃棄し新しくつくる、という考え方が主流でした。それは、住まいにおいても同じだったのではないでしょうか。欧米では、ひとつの住まいに50年、100年と住み続けられるよう、時々のライフスタイルの状況に合わせて手を加え、保全をし、快適性を維持していくのが当たりまえ。私たちはこの考えこそ、これからの時代の“グローバルスタンダード”だと考えています。

今までにない
マンション・戸建てのリノベーション

私達は、住む人の意見や思いを最大限に表現し、物件の仲介から管理組合・周辺住民との交渉、間取りや設備、カラーコーディネイト、ライティング、そしてインテリアにいたるまでを、トータルにプランニングいたします。

既存の天井や壁、床などをすべて取り払い、間取りや動線、設備や仕様などスケルトンの状態から自由な発想でデザインする。そして新築マンション以上の空間を手にするのです。新築マンションでは望めなかった、ここにしかない住空間の創造。それが、「自由発想」&「デザイン」のマキハウスです

住みやすさを考える時、設備や機能はもちろんのこと、いかに自分のライフスタイルに合っているかが大切になってきます。ライフスタイルを見直すことが、理想の住まいを実現することなのです。無駄な動きが多過ぎたり、使い勝手が悪かったりすると、ストレスになってしまいます。
ゾーニングと動線計画は最も重要な作業のひとつと見ています。

限られた空間の中で快適な暮らしを過ごす為に非常に重要なのが収納です。
しかし、単に仕舞うためのスペースを作るのではなく、何をどこにどのように仕舞うのか、きちんとした計画をたてることが大切。収納は大きめにどこかにまとめてつくっておけばいいというわけでなく、バランスが必要なんです。お客様の所持品リストを作り収納までの距離を考慮しながら、効果的な収納計画を実現します。収納を適所へ配慮することはストレスフリーな暮らしの第一歩です。

せっかく新しく買った家具が、部屋に合わない・・・。そんなことになったら悲しいですよね。住まいをインテリアから考えるという発想でプランを行いますので、自分の好きなインテリアを取り入れることが可能です。
インテリアにあわせて空間を考えることで、無駄のない快適な住まいが実現します。

真に贅沢な空間とは、豪華な内装や家具ではなく、心を豊かにする空間。それには、人の心を動かす光の要素が必用不可欠です。色々な要素を考慮して照明器具の配置とセレクトを行います。中央に蛍光灯をつけるだけでは、居心地の良いシーンは生まれません。綿密に計算された照明計画が必要になります

マキハウスでは、カタログや出来上がりの商品を見るだけでなく、素材や製造工程まで確認した上で最適な建材を選びます。耐久・耐傷試験や品質管理といった厳しい環境をクリアした商品に限定してセレクトしています。住まいの表情をつくる床材やタイルなど、隅々にまでこだわりたいものです。年数が経つと共に、色が剥げてみずぼらしくなったり、修復によけいなコストがかかってしまったりする建材は使用しません。

福岡の数多くのマンションで実績があります

PRICE
価格帯グラフ 価格帯グラフ
PRICE

資料請求・施工例集プレゼントはこちら 資料請求・施工例集プレゼントはこちら

page top