イベント情報

マキハウスの新工法の家の見学会を開催します!

その名も「スケルトン&インフィル」。
ずっと受け継いでいける高耐震、高断熱の住まいが誕生します。

こちらがイメージパースです。

青葉CUBE新築工事_外観_180322

 

 

簡単に言うと、家を外と内で完全に分けて考える工法です。

スケルトン=外装、インフィル=内装という考え方で、耐久性や
家の可能性をぐっと広げてくれます。

スケルトンインフィル

 

 

様々な特徴を持つ、この新工法の住まい。

ちょっとだけ、その特徴をご紹介!

1.大空間がつくれる

青葉CUBE新築工事_内観_180322

通常、屋内の柱などで、耐震性を保つので、大きな空間が作りづらいですが、
スケルトン&インフィルは外壁で耐震性を担保するので、内側の柱がほとんど入らず、
大きな空間が実現できます。

2.高耐震、高断熱の妥協のない性能

外壁だけでの耐震ですが、耐震性は抜群です。
耐震等級3以上の耐震性を誇り、
断熱性能も熱貫流率0.463w/㎡kと
次世代省エネルギー基準の北海道並みの熱貫流率です。

高い可変性

スケルトン&インフィルは、外壁で耐震できるので、内側は自由。
壁の制限がほぼない中で、ライフスタイルの変化やオーナーの変更に伴って
自由に間取りを変更できます。

高い経済性

3世代までの家の劣化の対しての対策がなされている家には、
「劣化等級3」という等級が与えられます。子供に受け継いだとしても、
劣化度は低く、世代を超えて住むことができることを示しています。
つまり、子供への住宅の負担を大幅に軽減できます。

新築・リノベーションどちらでも可

スケルトンインフィルで新築を建てることは当然ですが、
中古住宅に、外側からの耐震を補強しながらリノベーションすることも可能です。
昭和56年以前の旧耐震(耐震等級1以下)の住宅にも
対応するので、わざわざ中古住宅を解体しなくても、
地震に強い、美しい家が実現します。

ぜひこの機会にマキハウスの新工法の家、
「スケルトン&インフィル」を
ご体感ください。

[開催日時]

4月14日(土)、15日(日)

10:00〜17:00

[参加費]

無料

※要予約です。
お電話、ホームページでのご予約の上お越しください。

[開催場所]

福岡市東区青葉
※ご予約の際に、詳しい住所をご案内します。

[ご予約 お問い合わせ]

□お電話でのご予約・お問い合わせ:0120-858-958

□WEBでのご予約・お問い合わせ

contact_btn

詳細は、ご予約後、ご案内させていただきます。 
なお、ご予約状況によってはご要望にそえない事がありますのでご了承下さい。

page top