注文住宅

ラインナップ

casa sole

カーサ ソーレ
1,600万円~ / 78.04㎡~

日本で最もエコな家

長寿命な外壁

casa soleの外壁はガルバリウム鋼板です。ガルバリウム鋼板とは、耐久性があり、汚れにくく、色あせにくいという優れた外装材です。なので長く住んでいても外観の美観を長年に渡って損ねにくく、それは同時にメンテナンスが楽なことを意味しています。

 

太陽光パネルが最も似合うデザイン

軒の出ていない「casa sole」のシルエットは、「パッシブハウス」の思想を応用し、日本の住環境に適合させるために生み出されたものです。シンプルで飽きのこない外観は、無駄を排し、使い勝手や快適性、さらには環境性を真剣に追求した結果なのです。

自然素材にこだわる

床には、天然素材100%の無垢材を使っています。強度が強く、加工性、塗装性よく、使っていく度に味がでてきます。また、無垢材には、調湿効果があり、室内を快適な湿度に保ってくれます。壁には、エッグウォールという壁と使っており、気孔と呼ばれる無数の穴によって調湿効果があるので、無垢材と同様、健康の大敵、カビやダニから家を守ってくれます。

最高クラスの断熱

casa soleの壁は、8層からなり、普通の住宅の約1.5倍の厚みがあります。この厚みの秘密は、断熱層と遮熱層をもっていることです。この断熱構造がもつ性能は、日本で一番の寒冷地である北海道を基準としており、冬は「断熱」、夏は「遮熱」という形で、一年中室内を快適にしてくれます。

世界最高のトリプルサッシ

消費エネルギーに対して意識の高いドイツでは、スタンダードになりつつあトリプルサッシを日本ではじめて標準装備しました。また、サッシの部分には樹脂を採用し、窓の断熱性能をあげています。熱だけでなく、紫外線やカビの原因になる結露も軽減してくれます。

永く住める構造

casa soleの基本構造は、真四角の形です。この構造の一つの大きな理由は、地震に強いということです。また、真四角であれば室内に凹凸がなく、インテリアの配置においてデッドスペースが生まれにくく、家族の状況にあわせてフレキシブルに間取りを変更しやすいです。

Photo Gallery

page top