ブログ

カーテンには遮光・防音・遮熱・断熱性など、室内環境の快適さを向上させる目的に加え、自然光とプライバシーを柔軟にコントロールする目的があります。また、快適さと共にインテリアシーンを演出する大切な要素を含んでいます。

私たちマキハウスでは住まい造りにおいて特にインテリアに力を入れています。家具、カーテンを含めてトータルにコーディネートすることで調和の取れた住空間ができ、より豊かな暮らしをご提供できると考えているからです。

今日はカーテンについての基礎知識をご紹介します。

ドレープカーテン

ドレープ

「カーテン」といわれて想像するのが左右に束ねられたカーテンでしょう。カーテンの種類の中ではドレープカーテンと言われており、厚手の生地で仕立てられています。左右に開閉でき、生地そのものの美しさを楽しむことができます。縫製にもスタイルがあり、ドレープの美しさが際立つ優雅なスタイルの3つ山2.5倍や2倍ヒダ、カジュアルなイメージにもなる2つ山1.5倍ヒダなど、イメージに合わせて生地の使用量や縫製方法を選ぶことができます。生地の素材やメーカーによって価格も大きく異なります。国産の生地や輸入物の生地など、ありとあらゆる種類のカーテン生地があります。レースカーテンと組み合わせて下げるのが一般的なスタイルです。

レースカーテン

レース

ドレープカーテンに対して薄手の生地で仕立てられたものです。外側にレースを、室内側にドレープを下げるダブルのスタイルが一般的ですが、外からの視線が気にならない部屋や遮光性を必要としない場合などはレースのみで仕上げることもあります。

プレーンシェード

プレーンシェード

上下に生地を折りたたんで開閉するものをシェードと言いますがその中でスタンダードなシンプルなスタイルをプレーンシェードと言います。ロールスクリーンをカーテン生地で作ったもの、というとイメージしやすいかもしれません。上下にたたみあげるため、すっきりとした印象のスタイルになります。また、ドレープカーテンよりも調光性や外からの視線を遮る機能に優れています。生地も厚手のドレープ、薄手のレースで作ることができ、スタイルもシングルとダブルがあります。

シャープシェード

シャープシェード

プレーンシェードと同じく上下に生地を折りたたんで開閉するもので、横長のバーが生地に縫い込まれており、その効果で生地のゆるみがなく直線がきれいに出ます。そのため、プレーンシェードよりもすっきりとしてモダンな印象になります。

ロールスクリーン

ロールスクリーン

上下に専用の生地を巻き上げて開閉します。1枚のスクリーンを巻き上げることにより採光を自由に調節できます。カーテン生地とは異なるスクリーンでできているので、フラットですっきりとしたミニマルな形になります。また、カーテン生地は素材やデザイン、メーカーによって千差万別なのに対して、ロールスクリーンはその選択肢が狭く、価格もカーテン生地ほどの振り幅がありません。しかし、カーテン生地よりも遮光性、遮熱性、防湿性、防菌性などの機能性を備えた生地が多く、公共の施設などでは多く使われています。

ブライド

ブラインド

上下に開閉し、スラットを回転させることで採光を繊細に調節できる横型のブライドです。アルミ製のもの(ベネシャンブラインド)や木製のブラインド(ウッドブラインド)などがあります。

バーチカルブラインド

バーチカルブラインド

縦型のブラインドです。左右開閉、片開き、両開きからお選びいただけます。上下のブラインドよりもモダンでシャープなイメージになります。リビングなど横幅のある大きな窓に適しています。

上記が基本的なカーテンの種類ですが、その中でもタブルのスタイルやドレープカーテンとシェードの組み合わせなど、スタイルも様々です。詳しくはまた次回お話します。

見学予約 常時2~3件ご案内できるリノベーション物件をご用意しております。

page top