more better life

効率の良いクローゼットの動線を前回お伝えしましたが、今回はそれに加えて服選びに迷わないクローゼットについて考えていきましょう。

季節ごとに増え続ける衣類。どこに何が仕舞ってあるのか分からず、いつの間にか服が埋もれてしまっている。引出やクローゼットの奥底から服を引っ張りだして、また散らかって、服選びに時間がかかってしまう・・・。そんな経験はありませんか?

服選びに迷わない整ったクローゼットを私たちはこうデザインします。

ハンガーパイプにかけて見やすく

th_5DSR1119

_DSC6455

ハンガーパイプにきれいに整列された服。これなら衣類が一目瞭然で、コーディネートに頭を悩ますこともありません。パイプは高さや本数が自由自在にセッティングできますので、上の段をジャケットに、下の段をシャツに、と分けることもできますし、衣類が増えたらパイプを増やすこともできます。

吊るす、畳む、の組み合わせ

DS3_1484_R

A55C6644R

 

CRW_9826

上段のパイプ部分にはシャツや上着類、下段の引出し式収納にはセーターや下着類などを畳んで収納。分かりやすい収納計画で服を探す無駄な時間を省きます。

ソファのあるクローゼット

th_5DSR1024

クローゼットの中にソファを置いてちょっとしたフリースペースに。なかなか贅沢な空間ですが、少しでもこのような腰掛スペースがあると、選んだ服や明日着ていく服を畳んで置いておくこともできますのでとても便利です。

衣類に限らず、必要なものが一目で分かって取り出しやすいというのが、使いやすい収納の鉄則ですね。

クローゼットの施工例はこちら。

http://www.renovation-casa.com/works/storage