ブログ

おしゃれな住宅を建てたいと思った時に、まず何から始めたらいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。今回は、おしゃれな住宅を建てる際に知っておきたい4つのことを紹介したいと思います。ぜひ参考にされて下さい。

間取りやデザインと家具・床材などとの調和を考慮し設計する

住宅を建てるときに、おしゃれにするにはまず内装と外装を一番に考えることが重要となります。特に外装に関しては一目でわかるものが多いですが、内装は個人のセンスが強く出てしまうことがあります。自分のセンスだけで考えるのもよいですが色々な方の意見も取り入れるように意識してみましょう。

家具を置くことを考えたデザインにする

住宅を建てるときは、家具と内装のデザインがマッチするよう、後から家具を配置することをよく考えた上で家づくりをするといいでしょう。家具の配置に関しては、分かりやすい資料にして提供してくれる会社が多くなっています。おしゃれな家には、おしゃれな家具がつきものですよね。外装はもちろんのこと内装と家具の調和も考えながら、しっかりと決めていくといいでしょう。

意外と見落としがちな床材にこだわる

案外盲点となっているのが、床材と言われています。毎日生活するなかで、床材は必ず目に入るものですよね。そのため「おしゃれな家」を実現するためには、床材にも意識を向けるといいでしょう。

また床材は見た目の好みも大切ですが、日頃のお手入れのしやすさやなどにもこだわって選ぶようにしましょう。そうすることでいつまでも綺麗で見た目の良いおしゃれな家になります。特に内装のバランスを決めているのは床材ということもあり、そこをこだわると見栄えも良くなります。住宅を建てるときにしっかりと頭に入れておくようにしましょう。

情報収集のしすぎで、なにがいいのか分からなくならないように注意

住宅に関する情報や知識は多い方が便利なのは間違いありませんが、無作為にあれこれ情報を取得しすぎると、頭の中がゴチャゴチャしていまいます。そして何がいいのか分からなくなってしまい、結果「知識疲れ」してしまうケースも多く見受けられます。知識があるというのは良い住宅を建てるためには役立つものですが、必要な知識を身に付けることがスマートに家づくりを進めるポイントです。

得たものの整理を

おしゃれな住宅を建てるために、色々と知識を得て取り入れようとしている方も多いです。しかし、その情報や知識が間違っている可能性も十分に考えられます。情報を鵜呑みにせず、どこかに書き留めておき知識を整理したうえで、確実さが求められる部分は専門家などに相談をして確実な情報のもと、検討を進めるのが良いでしょう。

素人が知識を得るには限界がありますし、正しい知識が必要となります。また、最近の場合は、ネットでも良い知識を身に付けることが可能です。すべての情報を鵜呑みにするのは良くないですが、参考にしておくというのはとても重要です。得た知識というのは、記憶違いによって間違うこともありますので、正しい情報をまとめておくということは重要です。自分なりに資料などを作っておくというのも良いですね。

おしゃれにするにはそれなりの費用も必要。しっかりとした資金計画を

当たり前のことかもしれませんが、住宅をおしゃれにしようと思うならそれなりの資金が必要です。やはり住宅はお金がかかるものです。人によっては、数十年計画の住宅ローンを組むという方もいるでしょう。そのため、資金計画は入念にしておくことをオススメします。

お金に関する計画を立てる

お金に関する計画に関しては、必ず現実的な自分の収入などと照らし合わせて考えておくことが必要です。おしゃれにこだわっていると「あれもこれも」というように、色々なものを取り入れてしまうことが多くなります。そうなると、予算をオーバーしてしまうこともあるので注意しておきましょう。

10年後、20年後の生活を考える

10年も20年もまったく同じ状況で生活をしているという方は少ないかと思います。仕事が変わるかもしれませんし、病気をして働けなくなることもあるかもしれません。また、家族が増える予定もあるかもしれませんし、さらに先まで考えれば子供や孫が住むことになるかもしれませんよね。ライフステージごとに、ライフスタイルは変わってきます。住宅を建てるときにはこのような点も考えておく必要があります。現代ではおしゃれだと思われている家でも、将来的におしゃれの概念が変わるかもしれません。そうなることも見越して、リフォームやリノベーションのしやすい家にする、というのもおしゃれな家づくりのひとつの重要な考え方だと言えるでしょう。

理想の住宅のイメージをつかむために、見学会などを積極的に利用しましょう

住宅を建てる時には、完成した住宅を見るというのもオススメです。モデルハウスとして住宅のサンプルを見学できるものもあります。

見学会や勉強会

家は実際に建っている状態で見ると、また違ったものに見えることもあるのです。だからこそ、モデルハウスがある場合は、一度訪れておくことをオススメします。もちろん、オリジナルの住宅を作ることも可能ですので、完成した住宅と言っても最終的な形は変わってきます。そこは住宅を建てる際の参考にする程度に留めておくとよいでしょう。また、注文する側の知識を増やすための勉強会に参加するというのも効果的です。勉強会などは近年積極的に開催されていることも多いので、そちらに参加してみると知識も増やせて良いです。さらに、色々な意見を情報交換できるので、自分の理想的なおしゃれな家を作る参考にもなるのではないでしょうか。おしゃれな住宅を建てたいときには、このような点もしっかりと考えておくといいでしょう。

リノベーションも考慮に

現代は、空き家物件も多くなっています。このような物件というのは、非常に安く購入することが可能です。そこで、近年人気となっているのが、中古物件を購入して、リノベーションするといった方法です。リフォームでも良いのですが、基礎だけをしっかりと残して、あとはまるっきり建て直してしまうというのもおしゃれなアイデアとしてポピュラーなものになってきました。

先程もご説明したとおり、おしゃれな住宅を建てる場合、こだわればこだわるほど費用も高くなります。相場自体はそれぞれの住宅によって異なりますが、例えば、新築だと安くても2000万前後することもあります。しかしリノベーションの場合は、中古物件を数百万円ほどで購入して、リノベーションするということもあります。リノベーション料金が一千万円前後になったとしても、新築同様にして費用は大幅に削減できるのです。

それを考えると、リノベーションも選択肢のひとつとして考慮しておくのも得策と言えます。近年では「マイホーム=新築」という形に若干変化があり、リフォームやリノベーションを活用する方が多くなっています。両親が持家を持っていて、それを相続する場合もリノベーションやリフォームが有効となりますので、おしゃれな住宅を建てる際にはこういった点も上手に活用してみてください。

おしゃれな住宅を建てるためには、さまざまなアイデアがあります。おしゃれな住宅は高額になると思っている方も多いですが、工夫一つで予算を抑えることも可能です。担当者とじっくりと相談しながら自分好みの住宅を建てていけるように、十分に準備をしていきましょう。

page top